恋愛体験談まとめ

胸キュン、切ないエピソード集めました。

彼が振ってくれなかったら、私は今よりも自分勝手な人間になっていたはずです。

time 2015/12/19

彼が振ってくれなかったら、私は今よりも自分勝手な人間になっていたはずです。

教育関係の仕事をしている28歳の既婚女性です。

これは、私が人生初めての彼氏と別れたときの話です。

当時、私は都内の某大学の四年生でした。将来への不安を抱えていた時期で、会うたびに彼氏に泣き言を漏らしてばかりいました。

でも、一歳年上の彼は社会人一年目で、私を受け止めるほど余裕がなかったようです。

ある初夏の日、デート中に別れたいと言われてしまいました。

私は彼のことが大好きだったから、当然素直に聞き入れることができませんでした。

彼を問い詰め、なんとか別れるのを踏みとどまってもらえるよう何度も説得しました。

とはいえ彼の決心は固く、決して考えを変えるつもりはないのだということを私も悟りました。

身を裂かれるように辛かったのですが、私はついに別れることを認めました。

彼は私に対する愛情が既に消えてしまったのに、彼に執着するのは虚しいことだと思ったからです。

別れ話は原宿のカフェでしました。他のカップルたちが楽しそうにデートしている中、別れ話をするのはとても辛かったです。

そんな訳で、楽しい夏休みを目前にして私はシングルになってしまいました。

初めての失恋だったので大変ショックでしたが、友達や家族の暖かさに支えられ、立ち直ることができました。

それに、あの失恋は自分を見つめ直す良い機会にもなったから、今ではむしろ感謝さえしています。

彼が振ってくれなかったら、私は今よりも自分勝手な人間になっていたはずですから。

彼に振られたことを教訓にできたから、新しい彼氏と交際が順調に続き、結婚までできたのだと思います。

sponsored link

スポンサードリンク

down

コメントする