恋愛体験談まとめ

胸キュン、切ないエピソード集めました。

現在すでに30代の大台に乗りまして、彼氏なしの状態ですが、28歳のとき付き合っていた同い年の彼氏から突然プロポーズされました。

time 2015/12/19

現在すでに30代の大台に乗りまして、彼氏なしの状態ですが、28歳のとき付き合っていた同い年の彼氏から突然プロポーズされました。

現在すでに30代の大台に乗りまして、彼氏なしの状態ですが、28歳のとき付き合っていた同い年の彼氏から突然プロポーズされました。

私からすると何の前置きもなく、本当に突然のことだったのでとても驚きました。
今までそんな話をしたことがなかったのに、どうしてプロポーズなんてするのか理由を問いただすと、私が結婚適齢期であるため、男の甲斐性としてプロポーズしたということでした。

正直これを聞いて、私は罪悪感にとらわれるようになってしまいました。女としてあるまじきことかもしれませんが、恋愛の先に結婚というものを意識していなかったのです。彼氏とはそれなりに気が合うので、恋愛を楽しめればいいと思っていました。

でも彼氏は私が遠慮して結婚の話をしないと思っていたのです。これで決定的にすれ違っていることが判明してしまいました。
彼氏の誠意ある考えや行動は素晴らしいと思いました。でも、申し訳ないことに、私は結婚を全く考えられませんでした。

価値観の差が浮き彫りになり、また、男にも適齢期はあるのだから、真面目な彼氏とこんな私は不釣り合いだと感じ、それまでとてもうまくいっていたし、彼氏のことは好きでしたが、別れることを選択しました。

本当に申し訳ないので、心苦しかったですが、嫌味に立ち振る舞ってみたりわざと喧嘩を仕掛けたりして、振ってもらいました。

それが正しい選択だったのかわかりませんが、彼氏のプライドを傷つけたくないと思うくらいには好きだったのです。でも結婚は考えられませんでした。
今もいい歳をして恋愛の真似事をすることがありますが、未だに恋愛の先に結婚の二文字を見出せません。両親が離婚しているし、周囲にも離婚家庭はたくさんあります。つい離婚を前提として結婚を考えている自分がいます。

だから、今は恋愛と結婚を結びつけず、恋愛できるうちは恋愛だけを楽しみたいと思っています。一人でも寂しくないけど、二人だと楽しいことが増えるので。でも、私は恋愛の旨味だけを味わおうとしている卑怯者なのかもしれません…。

だからお相手を選ぶときはかなり慎重にしています。あと何年かしたらきっと私に需要はなくなると思うので、それまでもう少し、恋愛の楽しさを味わっておきたいです。

sponsored link

スポンサードリンク

down

コメントする