恋愛体験談まとめ

胸キュン、切ないエピソード集めました。

どえらい美人の英語教師に恋した話

time 2015/12/21

どえらい美人の英語教師に恋した話

それは、私が中学2年生の時だった。

英語の先生が変わったのだ。一年生の時はとても不細工な女の先生だったのだが、2年生の時は、1年生の時と同じで年齢が24歳だというのに、どえらい美人の先生に変わったのだ。

スタイルもよく、顔もとても綺麗でかわいいのだ。しゃべり方もとてもかわいく、素晴らしい甲乙つけがたい美人である。

こんな先生がいてもいいのかーと思うほどである。その先生に案の定、恋をしたのだ。

毎日英語の授業が楽しみで仕方がなかった。またあの先生の授業が受けられる。

こう考えるだけで胸もあそこもいっぱいになったものだ(笑)。私は、完全に恋していたので、付き合いたいと思っていた。

しかしドラマの高校教師みたいなことはあるもんじゃないのである。こっちはさえないしょうもない生徒のひとりである。

しかし告白したい。そう思いながら月日は流れて、中学2年生は終わってしまったのである。

中学3年生になって、またあの不細工英語教師になったらいやだなーと思っていたのだが、ラッキーなことに3年生も美人教師の方であった。

これは素晴らしい。告白できる期間が1年間伸びたというものだ。3年生になってからも先生はとても美人で可憐だ。

私は思い切って告白することにしたのだ。さてどこでするか?授業中?とんでもない。そんなことはできない。

私は、教員室に行って先生が一人の時を狙い、こっそり打ち明けることにしたのだ。

私は、教員室に行き、扉を開けようとしたが、その瞬間とんでもない恥ずかしさがこみ上げてきて、結局開けられなかった。

とうとう私の告白はできずじまいだった。あれから20年経ちます。先生お元気で。

sponsored link

スポンサードリンク

down

コメントする