恋愛体験談まとめ

胸キュン、切ないエピソード集めました。

私は同じ職場の女性に恋していた。その子は顔が不細工であった。

time 2015/12/21

私は同じ職場の女性に恋していた。その子は顔が不細工であった。

それは私が大学を卒業して、就職した会社での話です。

私は同じ職場の女性に恋していた。その子は顔が不細工であった。

体型もとても太っていて、一般的にはモテないタイプの女性だ。不美人である。

しかし私はその子が好きであった。なぜなら彼女と一緒にいると安心するからだ。とても話が面白くて、楽しいのだ。

自分がモテないことも自覚しているが、あまり気にしていない。明るいのだ。

そんな彼女といると、心から安心できた。すぐに親しくなった。一緒に仕事できる喜びで毎日が楽しかった。

私は彼女のことを恋人にしたかった。ずーっと一緒にいて、結婚もしたかった。それくらい彼女にぞっこんだったのだ。

おそらく彼女に惚れる男など、私くらいのものだ。それくらい彼女のルックスはキャッチーではなかったのだ。

私は彼女をデートに誘った。彼女の返事はオッケーだった。そして私は動物園に行くことにした。

動物園はとても好きなので、よくデートに利用する。待ち合わせ場所にやってきた、彼女はとてもファッションも不細工であった。

しかし彼女なりに頑張っておしゃれにしてくれていたのだと思う。しかし、とても似合っていなかった。まるでルノワールの絵画に出てくる貴婦人のような服装なのだ。

なんだかモスクワ人のような毛羽立った帽子までかぶっている。なんなんだこれは。と思ったが、そんなことは口にできない。

私はなんとか笑わないようデートした。そしてデートも無事終わり、別れ際に告白したのだ。しかし結果は撃沈だった。そう彼女には恋人がいたのである。私はそれから1年間泣いて暮らしました。

sponsored link

スポンサードリンク

down

コメントする