恋愛体験談まとめ

胸キュン、切ないエピソード集めました。

私は当時、特別養護老人ホームの厨房業務をしていました。

time 2015/12/21

私は当時、特別養護老人ホームの厨房業務をしていました。

私(当時25歳)には5年付き合った彼氏(当時27歳)がいました。

毎年、何か進展があればいいねと話していても、両親に会うわけでもなく、何も変化のない5年間でした。

私は当時、特別養護老人ホームの厨房業務をしていました。

人手不足で早出から遅出、そして業務終了後に事務…これを1人でしていたため、12時間労働なんて当たり前でした。

彼氏は彼氏で三交代の仕事をしていた為、時間のすれ違いが多く、仕事を辞めてくれないと親にも紹介できなかったと後で聞かされました。

ある時、身体的にも精神的にも辛く、仕事が更に酷になってきていたので仕事を辞めました。

しかし、何も変化のない毎日で、私は時間を持て余すようになり、「この人は、元々結婚をする気がないのではないか?そうだ、と言ったのなら別れよう。

このまま30歳になるわけにはいかない。」「旅行を終えてから伝えよう。」と思うようになりました。

そんな私の態度の変化に気づいた彼氏が、「何を悩んでるの?」とよく訊ねるようになり、「旅行終わってから話すよ」と伝えるのが精一杯でした。

そんなある日、旅行の計画を立てた帰り、彼氏から「結婚してください」と唐突に言われました。場所がスーパーの駐車場だったので、始めは冗談かと思ったのですが、本当だったみたいです。

彼氏も私も泣いていたのを覚えています。どちらも別れる覚悟をしてたみたいですね。

それから、3ヶ月をかけ、両家の両親へ挨拶です。どうやら私達は、亀みたいにゆっくりしたペースで進んでいきそうです。幸せになれたらいいなと思います。

sponsored link

スポンサードリンク

down

コメントする