恋愛体験談まとめ

胸キュン、切ないエピソード集めました。

大学4年生の時にバンドメンバーをSNSで募集して偶然出会った人に恋した話。

time 2016/01/23

大学4年生の時にバンドメンバーをSNSで募集して偶然出会った人に恋した話。

私には、別れて2年以上たちますが、いまだに忘れられない人がいます。
思えば出会いも運命的というか偶然で、私が大学4年生の時にどうしてもバンド活動がやりたい、ボーカルをやってみたい!と思いSNSで募集をかけたところ偶然出会った人でした。年齢は、私の3つ上の社会人。住んでいる場所はちょっと遠かったですが、同じ県内でした。バンド活動を行うということで、目標のライブに向けて、月に2回ほどメンバー全員で集まって、半年間ほどスタジオにて練習を行っていました。
その人以外も全員男性で、私より全員年上でバンド経験者ということもあり、みんな優しくしてくれたのですが、特に彼はであったその日からとても馬が合い、お互いに一気に魅かれていく感覚がありました。
ライブを2か月前に控えた年末、カウントダウンフェスにいかないかと誘われました。まだお付き合いや告白などはお互いしていなかったのですが、明け方まで長電話などをして距離を縮めていました。フェスは2日間ということで、お泊りデートとなりました。フェス一日が終わって、宿泊するホテルで彼に告白され、それからお付き合いをするようになりました。それから約5年間、彼とはずーっと一緒にいて、イベントや旅行、デートなどあまり大きな喧嘩をすることなく楽しい時間を過ごしていました。その間の時間はとても楽しく、早く過ぎていきました。4年以上お付き合いをしたある日、結婚の話がでました。お互いの両親への挨拶もすませ、このまま順調にいくのかと思った際、相手が「結婚前に同棲をしてから結婚を決めたい」と言い始めました。ここから話はこじれはじめ、親の反対や金銭面の不安や仕事の激務化などで余裕がなくなったりすれ違いが生じました。
そんなごたごたしたある日、彼氏に仕事後に会えないかと言われ、それでも彼に会えるのはいつも楽しみだった私は、平日に約束をいれてくるなんて珍しいなと思いわくわくしながら待ち合わせ場所に行きました。ついたところ、彼からされたのは別れ話でした。
それから2年が経過しますが、何故その時もっと彼と向き合って、落ち着いて話合いができなかったのだろうといまだに後悔しています。ずっと一緒にいると思った人は、もう思い出の中だけの人となってしまいました。

sponsored link

スポンサードリンク

down

コメントする